現在の位置:トップページ->詩の文化

詩の文化

画枫桥

2015-08-03

                                            作者:梁延峰


宜往河中倾倒碎银子,除却碎银子

泛不起运河的光影和声韵

 

宜运用枯笔,不用枯笔

画不出石桥的眉眼和风骨

 

宜借助蝉鸣,没有蝉鸣

锁不住寺庙的寂静和清凉

 

还应有柳枝拨弄着遥远的乡思

孤独深过老井

 

还应有一盏小小的青灯

晃动着乍看还无的微光

 

客船和钟声终归缘浅

一座城池和一首绝句,或有千年之约

 

亲,累了倦了就下江南吧

枫桥月只需买上三钱,就能驱邪去火

微信二維碼

歴史の訪問者数:2072893

電話は0512-65575100景勝地区サービスだ

あて先は蘇州市で枫桥路末(どうソラクサン桥东堍)

ソicp備10208553番だった 版権所有:蘇州苏恒ネットワーク科技有限会社の

设计の制作チームは、蘇州苏恒ネットワーク科技有限会社の電話は0512-62992190だった