現在の位置:トップページ->カエデの橋の印象

カエデの橋の印象

难见滩头夜泊处

2015-08-17

夜泊处.JPG


游船夜泊处


唐玄宗天宝年间(742—756年)的一个月夜,一位书生—张继,避安史之乱南下,乘着一叶扁舟,月夜中停泊在枫桥边,将这里朦胧的月光、凄厉的鸟叫、点点渔火,、悠悠钟声,凝固在他那浓浓的乡愁国忧中,提炼出空灵超世的美妙意境:“月落乌啼霜满天,江枫渔火对愁眠,姑苏城外寒山寺,夜半钟声到客船。”从此枫桥、寒山寺随着七律古诗名扬天下。

微信二維碼

歴史の訪問者数:1992624

電話は0512-65575100景勝地区サービスだ

あて先は蘇州市で枫桥路末(どうソラクサン桥东堍)

ソicp備10208553番だった 版権所有:蘇州苏恒ネットワーク科技有限会社の

设计の制作チームは、蘇州苏恒ネットワーク科技有限会社の電話は0512-62992190だった