現在の位置:トップページ->情報の漏えい

情報の漏えい

成長の木の公益活動に入る観光地区のカエデの橋

2015-09-28

公益奨学センターの学生を組織に入って秋の遠足活動カエデの橋の観光地区。木渎靑空から学校、相城ひだまり学校や昆山五联小学校三に出稼ぎ労働者の学校の学生は60のカエデの橋の観光地区、体験を漕运文化祭のユニークな魅力。

に入ったばかりの観光地区、子供たちはリズミカルな銅鑼の音を追っている「漕运、福運、いい運」を始めたその衝突ユニバーシアードのカエデの橋」の旅。「いい運乗船切符」、福運コスプレ集章インタラクティブ、子供達は1人1人がもらえチケット後付いて1枚のカエデの橋の旧乗船切符停泊贈り、チケットは栞、持って集章機能。観光名所の集章で重要で、子供たちが楽しくとコスプレ役の戦士、漁師、行商人、年下などのイメージが売って萌インタラクティブ。待揃って6か所の名所に印鑑~カエデの橋米問屋受給限定版も「いい運米」1部。

集章活動の合間に、子供たちは「演技を見た漕运。開漕式は1件にかかわる社稷の大事は、庶民の祈り五穀豊穰?漕运流暢な心理を託して。古代毎年運河漕运出発前、古运河畔で行われる「起漕祈り運」が盛大に式を通じて、運河の神を祭るように、来年は気候もよく、国家社稷永固。子らは場面は広大で、厳粛な盛大な開漕式に惹かれて、1つのを見て。式分以上の一環で、奏祈り運楽、升龙旗、取祈り運水、ジャンプを祈り祈り運の舞、運の文、祝福、割漕运祈り運礼など。子供たちは「面倒」の儀式を実感した古代“漕运」は1つの国家の重要性。

当日、子どもに衝突の「ユニバーシアード」からも遠くこれら、表はきめ細かくて、多くは蘇州方言のことの蘇州語り物;姑蘇の風情、カエデの橋の趣の歌舞ショー、ひとつひとつのやり方、筆力が雄勁な開口船拳……

中秋節、国慶節の時は来る、出稼ぎ農民の子弟の入園感じ漕运文化祭のにぎやかな雰囲気、カエデの橋に観光地区を子供たちに表現愛のチャンス。希望子供たち今回のカエデの橋行を漕运、蘇州の文化をもっと理解も彼らが幸せをお祈りして、楽しく成長して、好運は一生。

蘇州市成長の樹公益奨学センター(以下「成長の木」)は、いくつかの社会熱心者に参加し、平等、任意の方式に設立した、独立し、民間の、非公式の公益奨学プラットフォーム。観光地区の管理所のカエデの橋の数名の従業員はこの公益組織のバックボーンを、長年来、彼らは黙って貧困地域の貧しい子供たちのために彼らの愛を捧げて。


5.jpg


6.jpg

微信二維碼

歴史の訪問者数:2032334

電話は0512-65575100景勝地区サービスだ

あて先は蘇州市で枫桥路末(どうソラクサン桥东堍)

ソicp備10208553番だった 版権所有:蘇州苏恒ネットワーク科技有限会社の

设计の制作チームは、蘇州苏恒ネットワーク科技有限会社の電話は0512-62992190だった