現在の位置:トップページ->スポット

スポット

水輸送展示ホール

2015-08-11

漕运展示馆.jpg


漕运とは运粮上納京都市水路。この本は南北に水路の運河は、カエデの橋の有利な地理位置、それを漕运の中継地となっただけでなく、江蘇省、浙江省一帯の食糧ここから運ば京都市、湖广、安徽、福建省一帯の皇粮も集中して再出荷都カエデの橋。秦漢以前皇居で必要な食糧から週辺では満足できる、秦の始皇帝のために遠徴軍が中国を統一し、食糧の多くを、そして強力な中央集権大帝国が食糧の多くが仕え、週辺では満足できないなら、関東から調達して送る、唐宋後の経済中心はじまる、南から調達して送る食糧古代の輸送船で詰めて、水運最も便利、漕运も形成され、その後に形成された膨大な漕运機構と制度。

私の国の長江、黄河などの水係は東西南食糧を蓄えなければならないので、開人工運河。大運河は北京を経て、天津、河北省、山東省、江蘇省、浙江省杭州まで。通じる海河、黄河、淮河、長江、銭塘江五大係。全長1794キロ。ホールの中の走馬燈は運河の重要な町を経て、古典銅版画の真実に当時の面影。

微信二維碼

歴史の訪問者数:1983689

電話は0512-65575100景勝地区サービスだ

あて先は蘇州市で枫桥路末(どうソラクサン桥东堍)

ソicp備10208553番だった 版権所有:蘇州苏恒ネットワーク科技有限会社の

设计の制作チームは、蘇州苏恒ネットワーク科技有限会社の電話は0512-62992190だった